「…。(コード56)」ネットワークに接続できない時の対処

はじめに

本ページでは「このデバイスのクラス構成のセットアップをまだ処理しています。(コード56)」の不調でコンピュータを初期化した話について記載しています。

元エンジニアのJiangです。

  • コンピュータ関連に携わる:12年目
  • 得意分野:コンピュータネットワーク、情報セキュリティ
  • 日本の大手ベンダーの元セキュリティエンジニア


対処の結論

Windows10を載せたPCを積極的に更新したら、PCのWi-Fi等のネットワークデバイスが使えなくなってしまいました。最終的にはPCを初期化して、インターネットに復帰しました

ネットワークドライバーのアンインストールと再インストール、ネットワーク設定のリセットをやりましたが、復帰できませんでした。USB経由でイーサネットに繋げようとしてもネットワークインターフェースが全滅しているので使えません。諦めて、PCを初期化しました。



オフライン化

Microsoftのパッチチューズデーの更新に合わせて、Intelのドライバー類の更新も実行しました。その後オフラインになっていたので、アップデートが原因になっていそうです。デバイスマネージャーを開いて確認したところ、ネットワークデバイスが全滅していました。

「このデバイスのクラス構成のセットアップをまだ処理しています。(コード56)」

「まだ」、何を処理しているのか全く不明です。1時間程放置しても改善せず、変化なしでしたので、更新に失敗してオフライン化したまま処理が止まったようです。



一般的な原因

  1. Windowsアップデート
  2. VPNのソフトウェアがWindowsアップデート時にネットワークドライバーソフトウェアと競合

私のPCの場合は2. のようです。海外で生活していますので、VPNソフトウェア必須です。様々、VPNを比較するためにインストールやアンインストールをしていたので、ネットワーク関連のソフトウェアが不安定になっていた可能性は高いです。

あまりに不便でVPNを使うことになった話 | Jiang on . net

1. のように、VPNソフトウェアをインストールしていない状況でも発生する可能性があるようです。



解決方法各種

Windowsのネットワークトラブルシューティング機能を使う

Windows key + I → ネットワーク設定 → トラブルシューティングを実行


VPNソフトウェアのアンインストール

インストールしているVPNソフトウェアを一旦アンインストールし、再アップデート


ネットワーク設定のリセット

Windows key + I → ネットワーク設定 → ネットワーク設定のリセット


Windowsアップデートのアンインストール

直前のアップデートから復元


初期化

パソコンの初期化


BIOSのリセット

アップデート時にファームウェアが更新されている場合、BIOSのリセットも選択肢になります。



実際にやった対処

Windowsトラブルシューティング機能

問題が検出されず解決できませんでした。


ドライバーの更新

ドライバーの更新をしても正常になりませんでした。


ネットワーク設定のリセット

ネットワーク設定のリセットをやっても正常になりませんでした。


PCの初期化

インターネットは正常に使えるようになりましたが、初期からインストールしていなかったアプリケーションは全てインストールされていない状態になり、インストールし直すことになります。個人のデータは選択して残すことができます。



Microsoftのデバイスマネージャーのエラーコード

Windows のデバイス マネージャーのエラー コード (microsoft.com)

コード56のエラーコードは執筆時点にはありませんでした。



おわりに

セキュリティエンジニアとしてはアップデートすることに疑いがありませんでしたが、「このデバイスのクラス構成のセットアップをまだ処理しています。(コード56)」はなかなか頭を悩ませました。