Post GridのAddonの使い方を画像で説明

はじめに

本ページではPost GridのAddonについて記載しています。

元エンジニアのJiangです。

  • コンピュータ関連に携わる:12年目
  • 得意分野:コンピュータネットワーク、情報セキュリティ
  • 日本の大手ベンダーの元セキュリティエンジニア

Post Grid

Post GridというWordPressの便利なプラグインをご存じでしょうか。

Post Grid – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

PickPlugins – WordPress Free & Premium Plugins

プラグイン自体は日本語化されていないですが、シンプルで使いやすいです。ほとんどインストラクションを見ずに設定できるのですが、Addonの使い方に若干ハマってしまいました。本ページを参照してくださった方は、日本語ドキュメントが見つからず、Addonの使い方に困った方ではないでしょうか。

先に解決策を書くと、Addonのzipファイルをダウンロードして、プラグインのページからアップロードして有効化することでPost GridのAddonを有効化することができます。

記事一覧の視認性を上げる

一から説明すると、Post Gridは記事を一覧表示するときにGrid(格子状)にして表示するプラグインで、記事一覧の見た目を変更できます。

Grid表示なし
Grid表示

どちらが良いか議論するまでもないかもしれません。記事の一覧表示の際にグリッド形式で表示するプラグインは他にも多数存在するので、「ブログ グリッド表示」などの検索ワードで確認いただればと思います。

ただし数年前には、記事一覧表示方法とクリック数に関する実験が行われており、グリッド表示は最もクリックを稼ぐことができる表示方法ではないことが示されていました。ある記事配信サイトの実験ですが、内容等については別の記事で今後触れることができればと思います。まだグリッド表示にしていない段階で表示方法に興味があれば記事一覧表示方法について検索してみると良いかもしれません。

Addonのインストール方法

まずはPost Gridのプラグインの画面を開き、Addonの項目を選択します。

Post GridのAddonの例

AddonのアイコンをクリックするとGithubにリンクされているので、「Download ZIP」を選択してダウンロードします。

Githubに遷移

ダウンロードしたファイルは任意の場所(私はダウンロードフォルダにそのままダウンロード)に保存します。

続いて、WordPressの管理者画面に戻り、プラグインの項目を選択します。新規追加を選択します。

プラグインの新規追加画面の一部

同じ場所に、「プラグインのアップロード」という項目が出てくるので、選択します。

アップロード画面の一部

ZIP 形式のプラグインをアップロードする画面に遷移するので、そこから該当のファイルをアップロードします。

ZIP形式のAddonのアップロード画面

アップロード後に、プラグインを有効化すると、Post GridのAddonとして使用可能になります。

おわりに

私は母語が日本語なので、日本語の読むスピードが最も速いですが、Wordpressをはじめとして様々なアプリケーションやフレームワークは英語のまま表示されることが多くよく苦労します。また困らなくていいように、使い方の説明を作成しました。