中身なし!消えたコロッケの中身

長くつくられてきた料理には正解と思われる手順が存在していると思う。料理手順の中で現れる分岐点でことごとく逆を選び、失敗の先には中身のないコロッケがいた。

中身は揚げた油の中に溶け出た

作ったのは私なので率先して中身のないコロッケを食べた。サクサクの衣にとんかつソースをかけて白ご飯と食べる。味はとんかつソースなので悪くはないが、次回も作ろうとは思わない。

ジャガイモは皮を剥かずに茹でるまたは蒸す

×:皮を奇麗に剥き、角切りにして15分茹でた。

具材を混ぜて冷ましてから衣をつける

×:ジャガイモをつぶして具材を入れたら混ぜる。形を整形して華麗な流れ作業で弟に衣を付けさせて即揚げる。中身の温度がすぐに高くなり膨張して揚げているときに出てくる。

卵と水と小麦粉はあらかじめ混ぜておく

×:小麦を付け、卵を付ける。最後にパン粉を付ける。すべて別々のお皿でするように弟に指示。

揚げ始めて衣が固まるまで触らない

×:コロッケがくっつかないようにがしゃがしゃとフライヤーをシェイク

そりゃあ、中身無くなるわ。次は正しくつくろう。