竹の盆栽化育成方法と育成記録

はじめに

本ページでは羅漢松の育て方と成長の記録について記載しています。

育成兼記録係のJiangです。

  • ガーデニング歴:3年
  • 育てている植物:45種類以上
  • ベランダやガレージなどの小さいスペースでガーデニング


株分け時

根がほとんどない状態で家に来た竹。竹の盆栽を作りたいな、という雑談をしていたらある日お父さんがどこからか持ってきてくれました。

くっ付いていた雑草を一緒に植えた竹

毎日水をあげて2週間ほど、見た目には何の変化もなかったです。

若干芽が大きくなってきた

発芽

よくよく見ると、小さい枝が伸びてきていました。

メキメキと芽が成長し、お友達も増えた

こうなると、竹はめきめきと大きくなります。かなり頑丈です。

竹の成長が軌道に乗る

根っこはほとんどなかったですが、今はどれくらい張り巡らされているのだろうかというくらい楽しみな状況です。どんどん大きくなりますが、たけのこはまだないです。これは何の種類の竹なのかもよくわからないままです。



新芽

竹の新芽
竹の新芽の成長

真ん中左のところから新芽が出てきて3日ほどで葉の形が分かるほど成長していました。株の右側の葉の成長から3か月ほど経ってからの新芽なので、着実に株が成長している証拠だと思います。



おわりに

根もない、名前もないといないもの尽くしですが、水やりを欠かさず、次の目標はたけのこを撮影することです。